お母さんからの声

ワンライフで過ごして

ワンライフさんに通うようになり、本当に■■は変わってきました。

特に、水泳はとても喜んでおり、1年生の時には入れなかった学校のプールも 2年生では入れました!(プールは好きですが、集団で入るのが嫌でした)

また、1年生の時は体育は全く参加できず、体操服にさえ着替えれなかったのに、

2年生になってからは、毎回自分で体操服に着替え、運動にも少しずつ参加して おります!

運動は苦手・・・と思い込んでいた■■に、体を動かす楽しさを教えてもらいま した。

これもワンライフさんのおかげだと非常に感謝しております。

今後も、楽しく利用させて頂きたいと切に願っております。
どうかよろしくお願いいたします。

マラソン大会を乗り越えて

ワンライフのみんなでH28年1月23日にマラソン大会に参加しました!
そして、マラソン後に参加してくれた子のお母様からお便りをいただいたのでご紹介します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いつもお世話になりありがとうございます。
寒い中マラソン大会お疲れ様でした。
■■は歩きなので時間もかかるところを寒い中、スタッフさんがずっと付き合って歩いて下さったそうで…ありがとうございました。
感謝、感謝です。

当日の夜は、疲れて早目に寝るかと思いましたが意外に元気でした。5キロ完走できたことが嬉しかったようです。自信になったと思います。
いきなり初挑戦の5キロは厳しいかな、と思っていたので1時間40分で完歩(笑)、と聞き主人も私もびっくりでした
部活もなく、クラブチームに入る事もなかなか難しく体を動かす場がないので『ワンライフ』での幅広い活動は本当に有り難いです。

ワンライフは■■本人にとって大事な時間です、今では■■の成長はワンライフなしには考えやられない程だと思っています。
特に、サッカーはスタッフさんと仲間と出来ることをものすごく楽しみにしています。
スタッフみなさん、いつもよくして下さりありがとうございます。
今回のマラソンの件で思ったのは、子供の可能性を親が決めつけてはいけないなあ…ということです。
家族以外の方と関わることによって、隠れていた力を発揮することもあるのだなあ、と学びました。

■■は、何にでも興味を持ちチャレンジする良い所があります。
興味がないことも是非一度チャレンジしてみて、隠れた力が見付けられればラッキーかな、と思っています。
これからも力を貸していただけると有り難いです。
今後とも宜しくお願い致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ワンライフで1年以上を過ごして

ワンライフの皆さまへ

小学校の頃の学童保育のように体を動かして子どもたちと交流できるワンライフは、学校とも家庭とも違ったリフレッシュゾーン。いまの息子にとってなくてはならない場所です。

息子は学校生活のストレスから心身ともに退行してしまい、他校の支援学級へ転校しました。精神的なダメージが大きく別人のようになってしまい、親子ともども疲弊していました。本人はスポーツをしたがったのですが、部活も習い事のスポーツ教室も継続して参加できる心理状態ではありませんでした。

その当時はデイサービスについて全く知らなかったので、たまたま知人がワンライフのことを教えてくれてほんとうにラッキーでした。毎日からだを動かしストレス解消させたいと思い、すぐに見学に行き、速攻で利用手続きをしました(笑)

思春期に突然あらわれた息子の奇行に親もとまどい困り果てていましたが、ワンライフの先生たちは辛抱強く寄り添ってくださり、少しずつ表情がやわらぎ笑顔が出てきました。若々しく活気のある雰囲気、先生たちのスポーツ・マインド、そして体を動かす習慣。それらが、知らないうちに脳を活性化させているような気がします。

そんなワンライフが、いつしか息子の生活に欠かせない大切な居場所となって一年以上経ちました。毎回送り届けた際に様子をくわしくお話してくれて、時には相談に乗ってくれたりもする先生たちは、親にとっても心強い味方です。いつも息子の心の成長を一緒に喜んでくれて、時には反抗期の子どもと親の仲をとりもつような配慮をしてくれるので本当に助かります。

利用者のわがままな都合にも丁寧に耳を傾けてくださり、ありがとうございます。どうか今後とも息子をよろしくお願い致します。